見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

虎ノ門ヒルズで毎年恒例キッズワークショップ 「ゴミ拾いビンゴゲーム」など

14日にフはラワーアレンジメントレッスンが行われた

14日にフはラワーアレンジメントレッスンが行われた

  •  

 虎ノ門ヒルズ(港区虎ノ門1)で現在、子ども向けワークショップ「KIDS' WORKSHOP in TORANOMON HILLS」が開催されている。

8月13日・14日には「ゴミ拾いビンゴゲーム」が行われる

 毎年夏休みに合わせて、六本木ヒルズをはじめ、同施設、アークヒルズ、表参道ヒルズの4つのヒルズで開いている「キッズワークショップ2018」の一環。2008年に六本木ヒルズの一部の店舗で始めて以来、10回目の開催となる。今年は「未来を担う子どもたちにこそ本物の場所で本物の体験を」というテーマの下、約80種類、400以上の講座を開講する。主催は森ビル。

[広告]

 同施設では、親子で楽しめるコンテンツを中心に全5種類、14講座を開講。14日には、同施設内の生花店「レ ミルフォイユ ドゥ リベルテ」で「親子で作ろう!夏のさわやかアレンジメント」が開かれた。同店店長の天野加奈子さんの指導の下、ヒマワリなど季節の花のアレンジメントを親子で体験した。同ワークショップは、21日、8月11日・18日にも行われる。

 そのほか、同施設のビューティーサロン「Be Healthy」が開講する「親子で楽しむ アロマセラピスト体験」、ヘアサロン「トレス ヘア アンド ビューティー」の「親娘で学ぼうオシャレまとめ髪」(受け付け終了)、毎月第1・第3木曜に行われている清掃活動「グリーンバード」の「虎ノ門ゴミ拾いビンゴゲーム ~ビンゴを成立させ、真の“ゴミ拾いマスター”になろう~」、同施設内に本社を構えるアサツー ディ・ケイの「キャラクターをデザインしよう!」などを展開する。

 同社タウンマネジメント事業部の渡邉茂一さんは「プログラミングやバイオテクノロジーなどの最先端の技術から、テナント企業とのコラボ企画までさまざま。ヒルズならではの経験に出合えると思う。夏休みの自由研究にも最適なものをたくさん用意しているので、利用してもらえれば」と話す。

 8月29日まで。