食べる 暮らす・働く

愛宕神社で新春恒例の「七草火焚き祭り」 「七草がゆ」500食振る舞う

境内で正月飾りや古いお守り、だるまなどを焚き上げる様子

境内で正月飾りや古いお守り、だるまなどを焚き上げる様子

  •  

 「七草火焚(ひた)き祭り」が1月7日、愛宕神社(港区愛宕1、TEL 03-3431-0327)で執り行われ、多くの参拝客でにぎわった。

参拝客に振る舞われた「七草がゆ」

 同祭は正月飾りや古いお守り、お札、だるまなどをたき上げ、その火に当たって厄をはらい、無病息災を願う恒例の行事。

[広告]

 社殿から始まった神事では、七草の名前が取り入れられた歌が詠み上げられた。その後、境内では正月飾りや古いお札、だるまなどがたき上げられた。神事の後には、約500食用意したという「七草がゆ」を参拝客に振る舞った。

 毎年同祭に参加してしているという都内在住の60代の女性は「おたき上げに参加すると穏やかな気持ちになる。ぜひ来年も参加したい」と笑顔を見せた。