食べる 暮らす・働く

コーヒー専門店「やなか珈琲」西新橋店が10周年 目の前で焙煎するコーヒーが人気

コーヒー専門店「やなか珈琲」西新橋店のショップリーダー澁谷秀幸さん(左)とスタッフの池原安志さん(右)

コーヒー専門店「やなか珈琲」西新橋店のショップリーダー澁谷秀幸さん(左)とスタッフの池原安志さん(右)

  •  
  •  

 西新橋エリアにあるコーヒー専門店「やなか珈琲(コーヒー)」西新橋店(港区西新橋2、TEL 0120-935-549)が昨年12月に10周年を迎えた。

 店内にカウンター12席と立ち飲みカウンターを設置する同店。注文を受けてから、客の目の前でコーヒーを焙煎(ばいせん)するスタイルが特徴。

[広告]

 2008年のオープン直後は、地道なDM送付やクーポン配布などの施策を行い、新規顧客の獲得とリピーターを増やすことに注力した。ショップリーダーの澁谷秀幸さんは「虎ノ門ヒルズができる前で、今と比べると街に人がかなり少なかった印象。新規顧客獲得には苦労した」と当時を振り返る。

 4~5年前には、コンビニの100円コーヒーが流行し、一時客足は遠のいたかのように見えた。「味で選んでくれるお客さまは利用し続けてくれたという印象。そういう意味では逆に良い線引きになった。当店を愛用するお客さまとともに歴史を積み上げてきた」と澁谷さん。

 現在、利用客のほとんどがリピーターだといい、客層は30~50代のビジネスマンが中心。初めて来店した客には「本日のコーヒー」(260円~)を薦める。「毎日違った味が試せると、会社員や近くに住んでいる方から好評。コーヒーに明るくない方にも、焙煎の度合いや豆の違いで味が異なることを知ってもらうことが、やりがいの一つである」(澁谷さん)と語る。

 「今後もお客さまと近い距離感で、温かい店を作っていきたい」とも。

 営業時間は7時30分~20時(土曜は11時~18時)。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加