食べる 見る・遊ぶ

虎ノ門に「クロアチア」カフェ-政観がクロアチアの魅力アピール

ミラ・マルティネツ駐日大使も「クロアチア・ハートフルカフェ」に訪れた(右から2番目)

ミラ・マルティネツ駐日大使も「クロアチア・ハートフルカフェ」に訪れた(右から2番目)

  • 0

  •  

 虎ノ門の「りせっとcafeフォレスタ虎ノ門店」(港区虎ノ門1、TEL 03-5510-5857)で4月19日、クロアチア共和国をテーマにした期間限定イベント「クロアチア・ハートフルカフェ」が始まった。主催はクロアチア政府観光局(渋谷区)。

 同イベントは毎月2日間、4月~9月までの6カ月に計12回開く予定。テーマは月替わりで、今月はオープニングを記念してクロアチア産ビールやワインをメーンに開催した。初日に行われたオープニングセレモニーにはミラ・マルティネツ駐日大使も来店。イベント参加者と気さくに交流した。

[広告]

 入場の際、1,000円を支払い会員(当日限り)になると店内で販売するクロアチア物産品が全て原価で購入できる。販売したのは、オーガニックのイチジクスプレッド(ジャム)やチョコレート、ワインなど。ワインはアイスワインを含め9種類で、価格は1,000円台~5,000円台(会員価格)。店内では、クロアチアのメジャーなビール「カルロヴァチュコ」(会員=350円、一般=863円)と、グラスワイン(会員=500円、一般=900円)を提供した。

 モニターではクロアチアの映像を上映。BGMにはクロアチア音楽を流し、民芸品やガイドブックなどの本も置く。会場には多くのクロアチア人も集まった。同イベントは、「日本ではまだメジャーではないクロアチアの知名度を高め、観光への誘致と相互の積極交流につなげることが狙い」。都内にはクロアチア料理店が1店舗あるが、「やや敷居が高い」ことから、同店は「ちょっと気軽にクロアチアのことが楽しめる店にしたい」という。

 今後はサッカー王国らしいフットサル大会を計画するほか、名産のトリュフを使ったメニューやクロアチア伝統料理も提供していく予定。

 次回開催は5月24日・25日。開催時間は11時~23時。