天気予報

7

4

みん経トピックス

羽田国際便に高い利用意向新橋っ子、和食バー開く

赤レンガ通りに「kawaraカフェ」-新橋初出店、500円ランチで勝負

赤レンガ通りに「kawaraカフェ」-新橋初出店、500円ランチで勝負

内装と音楽は新橋のサラリーマンを意識した80年代テイスト。同社名物のミラーボールが「ディスコティック」を後押し。

写真を拡大 地図を拡大

 新橋西口エリアに9月24日、和をテーマにしたカフェ・ダイニング「kawara CAFE & DINING新橋」(港区新橋2、TEL 03-3591-3151)がオープンした。経営は、飲食店展開を図る「SLD(エスエルディー)」(渋谷区)で、新橋エリアへの出店は初めて。

 和食をベースとした創作料理を提供する同ブランドは、これまで新宿・銀座・恵比寿・横浜などに出店。10店舗目となる同店では、企業やイベント利用を意識した店作りや格安ランチなどで飲食店激戦区に挑む。

 店舗面積は130平方メートルで、席数は80席。店内には大型プロジェクター、DJブースを設置し、「ラグジュアリー感」を意識したソファ席やロフトになったVIPルームのほか、20人対応の団体用半個室も用意する。壁面にはグラフィックデザイナーによるウォールアートが描かれ、夜はキャンドルやミラーボールなどで「大人の隠れ家」を演出。「今までの新橋にはない、アーティスティックでオリジナリティあふれる空間」を目指すという。

 ランチメニューは、質とボリュームを意識したという「日替わり500円ランチ」、「本日の気まぐれ丼」(850円)、メーンの他に納豆やとろろ・生卵が付いた「週替わりkawara和定食」(900円)、「タモさん秘伝レシピ!笑っていいともカレー」(900円)など9種類。全品サラダとスープが付き、ご飯はお代わり自由。

 ディナーは、熱した本物の瓦でサムギョプサルやモツなどを焼いて提供する「瓦焼き」(714円~)、「おきつねのたたき」「特製本日の煮込み料理」「蟹のねぎ味噌甲羅焼き」などの「瓦おばんざい」(各580円)、「小名浜職人 伴助のこだわり干物」(714円~)、「ホタテのロックンロール~焦がしバター醤油」「大地の恵み 根菜3兄弟~自家製くるみ味噌で」など女性をターゲットにした「kawara創作串揚げ」(380円~)他多数。

 カフェドリンクメニューは、「有機栽培コーヒー」「カフェラテ」「豆乳カフェラテ」(504円~)、「ロイヤルミルクティー」「ココナッツミルクティー」「チャイ」「キャラメルミルクティー」(以上、609円)など。アルコール類は、ビール(399円~)、焼酎・サワー(504円~)、ワイン(480円~)など。

 新橋に今までなかったという「自宅に居るようなくつろぎ空間カフェ」としてデイリーユースを狙う。「メーンターゲットである40歳前後のサラリーマンが、部下の女性を連れて来るような利用も期待する」と、同社広報担当の山下かほりさん。今後については「(新橋は)飲食店舗出店のポテンシャルの高いエリア。スペース運用企業としてのニーズがあれば、限りなく挑戦していく」との構え。

 営業時間は11時30分~24時(日曜・祝日は23時まで、ランチは17時まで)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング