見る・遊ぶ 学ぶ・知る

新橋烏森神社で令和元年年越大祓と大嘗祭奉祝ご朱印授与

大嘗祭奉祝ご朱印を持つ巫女さん

大嘗祭奉祝ご朱印を持つ巫女さん

  • 18

  •  

新橋・烏森神社(港区新橋2)が現在、令和元年特別ご朱印を授与している。

令和元年の文字が入ったご朱印

 同神社では大嘗祭に先立ち10月1日から一枚和紙の大嘗祭奉祝特別ご朱印を参拝客に授与。ご朱印受領者には新嘗祭のお供米として献上した「献上米」も進呈している。初穂料は500円。

[広告]

 烏(カラス)をあしらった社紋に「烏森神社」と書かれた年越大祓(としごえのおおはらえ)ご朱印にも、令和元年の文字が入り、ご朱印受領者には「災禍消除(さいかしょうじょ)御守」と「祓の塩」を併せて授与する。12月31日まで。

 参拝に来た30代女性は「今年は大嘗祭にあやかった特別な年、ご朱印のありがたみも一層増す」と話す。同神社担当者は「年々参拝者の方が多くなっている。来春は子(ね)年の伴天御守を用意する」と話す。

 大みそかから元旦にかけての神事は、22時30分から年越大祓(としごえのおおはらえ)、24時から元旦祭を行う。限定ご朱印の授与方法、日時など情報は同神社公式ホームページとツイッターで知らせる。