食べる

新橋老舗和菓子店「新正堂」、新元号「令和」オリジナルマグネットを配布

オリジナルマグネットを持つ渡辺仁久社長

オリジナルマグネットを持つ渡辺仁久社長

  •  
  •  

 新橋の老舗和菓子店「新正堂」(港区新橋4、TEL 03-3431-2512)が新元号「令和」にちなみオリジナルマグネットを配布している。

梅の花を散らした新元号オリジナルマグネット

 2015年から毎年、干支(えと)のオリジナルマグネットを作成している同店。今回は、4月1日の新元号発表を受け、異例の新元号「令和」マグネットを作成。限定200個を店頭で無料配布している。

[広告]

 柄には、新元号の由来となった万葉集「梅花の歌」と、同店人気商品の「切腹最中」(230円)の形である梅をあしらった。社長の渡辺仁久さんが同日夜に思いつき、200個をすぐに発注。2日16時30分から、訪れた客に無料配布している。

 渡辺社長は「この新元号オリジナルマグネットを冷蔵庫に貼るときっと運気が上がる。そうしてみんなに喜んでもらいたい。平成は災害の年だったので、令和は災害のない、景気上昇の年となるように。孫やひ孫に良い時代を」と話し、「気に入った人にしかあげないよ」と笑う。

 マグネット配布は無くなり次第終了予定。営業時間は9時~19時(土曜は17時まで)。

  • はてなブックマークに追加