食べる 買う 暮らす・働く

新虎通り「TENTOSHI」がコーヒーのテークアウト販売始める 1杯100円から提供

笑顔でコーヒーをいれる内田店長

笑顔でコーヒーをいれる内田店長

  •  

 新虎通り沿いの洋服店「TENTOSHI(テントシ)」(港区新橋4、TEL 03-6432-4056)が現在、コーヒーのテークアウト販売を行っている。

「自家焙煎工房 冨久豆」の同店オリジナルコーヒー「TENTOSHI ブレンド」

 1918(大正7)年に創業し、2016年に閉店した天ぷら店「天俊(てんとし)」が、「いつもの一日をもっと楽しくすてきに、自分のスタイルで楽しめる人生を」をコンセプトに同年8月、「オンもオフもかっこいい人を一人でも増やしたい」とオープンした同店。

[広告]

 昨年8月には、「店に入るきっかけになれば」と店舗1階を飲食店に改装。16時以降はシャンパン・ワインバーとして営業しており、今年1月から飲食営業の充実を図ろうと6時30分からコーヒースタンドとしての営業を始めた。

 メニューの「ブレンドコーヒー」(100円)は、「自家焙煎工房 冨久豆」(豊島区)が同店用にブレンドした物を使う。店長の内田貴大さんは「ブラジル産コーヒー豆をベースに酸味を抑えた深煎りコーヒー。1週間に2回豆を仕入れるため、いつでも新鮮な香りが楽しめる」と自信を見せる。

 「新橋かいわいを歩いている人たちのために何かできないかと考えていたところ、コンビニと同じくらいの価格で、人の手でよりおいしく入れたコーヒーを提供しようと思い立った」とも。

 内田さんは「今後はコーヒーの種類を増やしたり、モーニングやランチのメニューを考案したりしていきたい。カフェタイムもバータイムも当店に人が集まり、たくさんのコミュニティーや、さまざまな出会いが生まれる場所にしていければ」と意欲を見せる。

 コーヒーの販売時間は平日=6時30分~15時。