ジャムおじさんが「休暇」-パンの代わりにアンパンマン弁当販売

親子連れや修学旅行生に大人気のアンパンマン弁当 ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

親子連れや修学旅行生に大人気のアンパンマン弁当 ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

  •  

 人気アニメ番組「それいけ!アンパンマン」の商品などを販売する「アンパンマンテラス」(港区新橋1、汐留日テレプラザ内)は5月12日、キャラクターパンの代わりに日曜限定のアンパンマン弁当を特別に販売する。同施設を運営する日本テレビによると、「ジャムおじさんが休暇をとるため」だという。

 2004年12月にオープンした同施設は、玩具、文具、雑貨、食品、衣類、書籍、DVDなど約3,000点を超えるアンパンマン関連商品を販売するほか、握手会やミニコンサートなどのイベントを開催するファミリー向け人気スポット。中でも、アンパンマンやバイキンマンなどのキャラクターをかたどったパン(各210円、6個セット=1,260円)は、連日売り切れるほどの看板商品となっている。

[広告]

 「アンパンマン弁当」(1,050円)は、パンの販売を休む日曜に限定販売されているもので、毎週売り切れの人気商品。この弁当は、同アニメの原作者やなせたかしさんの出身地・高知から取り寄せているもの。高知では、アンパンマン鉄道やバスも運行されており、弁当は名物駅弁として開発された。アンパンマンテラスには、2005年3月から毎週日曜に100食限定で空輸されている。

 キャラクターパンは某所で「ジャムおじさん」によって焼き上げられているという設定だが、今回「ジャムおじさん」が連休をとることになり、代わりに弁当の販売が決まった。

 営業時間は10時~19時。弁当の販売は5月11日・12日ともに11時から。弁当のケースは水筒と弁当箱として使用できる。

アンパンマンと握手&撮影会-汐留日テレプラザ「アンパンマンテラス」で(新橋経済新聞)松本美術館で「やなせたかしのアートな世界」-3世代で楽しむ作品展(松本経済新聞)ジャムおじさんのパン工場で正月限定「クリキントンアンパンマン」(ヨコハマ経済新聞)セガ、横浜に「ジャムおじさんのパン工場」をプロデュース(ヨコハマ経済新聞)アンパンマンテラス