食べる

愛宕に「むすびうどん」 ランチタイムには限定1日20食メニューも

同店が提供するメニュー「鍋焼きうどん」

同店が提供するメニュー「鍋焼きうどん」

  •  

 愛宕のうどん店「むすびうどん」(港区愛宕2、TEL 03-6721-5175)がオープンから2カ月を迎えた。運営は「大庄」(大田区)。

同店が提供するうどんの鍋料理「うどんすき」

 商業複合施設「愛宕グリーンヒルズ MORIタワー」3階に、8月6日にオープンした同店。讃岐うどんをメインに、四国名物のフードメニューや日本酒などを提供する。

[広告]

 提供するメニューは「讃岐うどん」(650円)や「鍋焼きうどん」(1,500円)、「うどんすき(一人前)」(2,700円)など。客が好みの味にできるよう、卓上にはおろししょうが、刻み青ネギ、天かす、ゆず七味などの薬味を置く。ランチタイムには、鶏唐揚げや焼き魚、煮物などを入れた1日20食限定の重箱と讃岐うどんのセット「むすび弁当」(950円)や、讃岐うどんにミニ天丼かミニ親子丼または日替わりミニ丼を付けた「讃岐うどんセット」(850円)などを用意。近隣のオフィスワーカー向けに「幕の内弁当」(900円)や「助六うどん弁当」(750円)などの持ち帰りメニューも用意する。

 アルコールは、四国産を多くそろえた日本酒(680円~)のほか、ノンワックスの瀬戸内レモンを使ったサワー(450円~)などをそろえる。

 同社新業態店舗推進部長の染谷甫さんは「初めからうどんを入れて作る『うどんすき』は最後までしっかりと麺の弾力を保ちながら味わっていただける自慢の一品」と話す。「四国名物の一品メニューもあるので、昼はもちろん夜は気軽に『うどん割烹(かっぽう)店』として利用してほしい」とも。

 営業時間は11時~14時30分、17時~22時30分。日曜・祝日定休。