竹芝桟橋で「島じまん」フェス-東京都11島9町村の魅力をアピール

東京都の島9町村の魅力が詰まった「島じまん2008」は島の空気を本土にいながら感じられるイベント

東京都の島9町村の魅力が詰まった「島じまん2008」は島の空気を本土にいながら感じられるイベント

  •  
  •  

 竹芝桟橋、竹芝客船ターミナル(港区海岸1)で5月31日・6月1日の2日間、「東京愛らんどフェア『島じまん2008』」が開催される。

 「島じまん」は伊豆・小笠原諸島の観光アピールを目的に1988年に始まったイベント。1998年からは2年に1度開催されており、今回で9回目を迎える。昨年は約7万7千人が来場した。

[広告]

 大島、利島、新島、式根島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島、青ヶ島、小笠原(父島・母島)の、それぞれの特産品や島で採れた食材を使用した飲食物の販売、太鼓や踊りなど郷土芸能のステージを設け、各島の自然や暮らし、文化の魅力を伝えて「島じまん」を繰り広げる。

 ステージでは「神津島太鼓」「還住太鼓」「南洋おどり」「樫立踊り」などを披露。会場では、甘めのシャリと島の周りで取れた魚をしょうゆベースのタレでヅケにし、わさびの代わりにからしで食べるという独特の「島すし」、島特産の「かんも」と呼ばれるサツマイモの1種と青ヶ島産の純生麦を原料とした芋焼酎「青酎(あおちゅう)」、火山の地熱を利用して作られた「ひんぎゃの塩」、島のお菓子「ホーロク焼き」、島の魚「アカバ」のみそ汁や「クジラヨ」の塩焼き、特産の明日葉、パッションフルーツなどを販売する。

 会場各所には、参加する9町村が設置したスタンプ台を巡り、「島巡りスタンプラリー」も楽しめる。「伝統工芸体験コーナー」ではタコノキの木の葉を加工する「タコノハ細工」(無料)、八丈島に伝わる草木染めの絹織物「黄八丈」を使ったしおり制作(1,500円)も体験できる。

 開催時間は10時~18時。入場無料。雨天決行。

伊勢神宮奉納日本太鼓祭-全国から太鼓打ち19団体が集う(伊勢志摩経済新聞)広角レンズでとらえた水中写真展-自由が丘「カフェ・ワン」で(自由が丘経済新聞)渋谷・モヤイ像に巨大な「腕」出現-缶コーヒー片手に新島観光PR(シブヤ経済新聞)奄美諸島の人々の暮らしを収めた写真展-ZAIMで開催(ヨコハマ経済新聞)東京愛らんど

  • はてなブックマークに追加