一夜限りのゆりかもめ「夜景列車」再び-車内照明すべて消灯

車両の照明を全て消灯する一夜限りの「夜景列車」再び(写真=前回開催時の看板)

車両の照明を全て消灯する一夜限りの「夜景列車」再び(写真=前回開催時の看板)

  •  

 東京臨海新交通臨海線ゆりかもめ(江東区有明3)は3月22日、2回目となる特別企画列車「夜景列車」を運行する。

 昨年3月27日に同路線の延伸1周年記念で運行した「夢企画・夜景列車」。通常運行では車内風景が窓に映り込み、夜景のみを楽しむことができないことから、車内の照明をすべて消灯し、一夜限りの限定1本のみ運行した。

[広告]

 前回開催時には約340通の応募が寄せられ、確率は14倍に。当日は家族連れやカップル、熟年の夫婦など小学生~70歳代の男女計約75人が一夜限りの「夜景列車」に乗り込んだ。参加者からは「駅が近づいてくると光の島がやってくるように楽しめた」「うっとりと夜景に集中できた」などの声が寄せられたという。

 今回の運行経路は前回と変更し、有明駅(21時3分発)~日の出駅、同駅で折り返し有明駅(21時52分着)。乗車時間は約50分。乗車できるのは当選者のみ。

 同社担当者は「もう1度という声や、前回の参加者アンケートも好評だったので、運行が決定した。今回は、有料形式を含め今後の継続運行も視野に入れたモニター試乗の意味も持つ」と話す。

 開催に先立ち現在、乗車希望者25グループ(1グループ2人~4人)を募集している。希望者多数の場合は抽選。応募方法は往復はがきのみ。締め切りは3月7日。参加無料。同企画詳細は、ゆりかもめ公式ホームページまで。

ゆりかもめが一夜限りの「夜景列車」運行、車内照明も消灯(新橋経済新聞)「ゆりかもめ」の車内アナウンスをフジテレビ女性アナ16人が担当(新橋経済新聞)ゆりかもめ駅名キーホルダー発売-「ゆりも」バージョンも(新橋経済新聞)ゆりかもめ全駅で公衆無線LANサービス導入へ(新橋経済新聞)ゆりかもめ