天気予報

21

11

みん経トピックス

港区商店街でスタンプラリー虎ノ門アートとジャズ展示会

新橋の老舗和菓子・新正堂、3.14「切腹最中の日」盛況 男性客の姿も

新橋の老舗和菓子・新正堂、3.14「切腹最中の日」盛況 男性客の姿も

当日店頭に出したスタッフでもある社長の娘さん手作りのポップ

写真を拡大 地図を拡大

 新橋の老舗和菓子店「新正堂」(港区新橋4、TEL 03-3431-2512)が3月14日、切腹最中を170円で販売した。同日は日本記念日協会より「切腹最中の日」に認定され、今年で8年目。

仕事帰りに並ぶ男性客

 同店は1912(大正元)年創業。初代店舗は、奥州一之関藩・田村右京太夫上屋敷(通称=田村邸)跡地内にあった。田村邸は忠臣蔵の発端となった播州(ばんしゅう)赤穂藩主・浅野内匠頭長矩候切腹の地であることから、3代目店主・渡辺社長のアイデアで1990年より「切腹最中」(200円)の販売を開始した。

 切腹をイメージし、皮からあんこをはみ出させ、包装には鉢巻きをイメージした帯を巻いている。「切腹最中の日」となった3月14日は、浅野内匠頭が切腹した日。当日は、発売当時と同額の170円で販売した。

 今年は目標として4700個を製造。うち4645個を販売。来客数は450人にも登った。

 渡辺社長は「今年は大盛況だった。特に男性客が以前より多く来店してくれたという印象。最近では、ビジネスマンの謝罪だけでなく、ホワイトデーのように、日頃積み重なった小さな感謝と些細なごめんねを伝えるときなど、冗談めいて謝る時にも使ってくれる方が増えたんだと思う」と話す。

 営業時間は9時~19時30分(土曜は17時まで)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング