食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

コーヒー通じて被災地支援 キーコーヒー本社でチャリティーセール

昨年のチャリティーセールの様子

昨年のチャリティーセールの様子

  •  

 コーヒーを製造・販売する「キーコーヒー」(港区西新橋2)は10月1日、同社本社前で「コーヒーを通じた被災地支援」を目的とした「コーヒーの日 工場直送チャリティーセール」を開催する。

 毎年コーヒーの日に開催している同イベントは今年で5回目を迎える。「回数を重ねるごとに来場者も増え、遠方から来られる方もいる」と担当の伊東さん。「当日販売するコーヒーは、毎回完売するほど人気があるため、昨年より多く用意する予定」という。

[広告]

 数量限定で販売する「レギュラーコーヒー チャリティーブレンド(500グラム)」(500円)は、同イベントのためにブレンド、焙煎(ばいせん)し、同社の工場から直送する。「キーコーヒーらしい味」を提供できるよう、これまでの来場者からの声などを参考に、同社の実行委員によって配合や焙煎(ばいせん)方法を毎年変えているという。

 当日は、限定コーヒーの販売に加え、無料試飲ができるほか、購入者には「イリー」の本格エスプレッソマシンや「最高のコーヒー体験セット(クリスタルドリッパー、サーバー、フィルター、ケトル、メジャースプーン、コーヒー2缶)」などが当たる抽選会も行う。初めての試みとして、同社公式フェイスブックと連動したプレゼント企画や記念ボードで写真撮影できるコーナーを設け、イベントを盛り上げる。

 チャリティーセールでの売り上げおよび募金は全て、日本赤十字社を通じて被災地への義援金として寄付する。

 開催時間は11時~、商品がなくなり次第終了。入場無料。