3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

新橋にたこ焼き居酒屋「蛸家」-大阪人気店が関東進出1号店

店はビル2階にあるたこ焼き居酒屋「蛸家新橋店」。店内は、大阪の店舗同様に屋台の雰囲気を演出

店はビル2階にあるたこ焼き居酒屋「蛸家新橋店」。店内は、大阪の店舗同様に屋台の雰囲気を演出

  • 0

  •  

 新橋烏森口そばに3月25日、たこ焼きなど関西エリアのB級グルメをメーンに提供する居酒屋「蛸家(たこや)新橋店」(港区新橋3 TEL 03-6809-2099)がオープンした。場所は「愉快酒場新橋店」跡。店舗面積は約16坪。席数はカウンター6席を含む32席。

 経営は、15年の歴史を持つ大阪のたこ焼き居酒屋「蛸家」を多店舗展開する「蛸家」(大阪市)。同店は関東進出1号店。「東京での出店は以前からの計画。本場大阪のたこ焼きだけでなく、関西のうまいもんを東京の皆さんにも食べてもらいたい」と、広報担当の吉永さんは話す。

[広告]

 フードメニューのメーンは「たこ焼き」。「ソースマヨ」「しょうゆマヨ」「めんたいマヨ」のほか、大量のネギを盛り付けた「ねぎぶっかけ」、かつおダシにひたして食べる「おだし」、スジ肉とコンニャクが入った「すじこん」、田楽みそと唐辛子で食べる「タコでんがな」の7種類(8個、各500円)を提供する。

 このほか、「串カツ盛合わせ」(5本、500円)、「牛すじどてやき」(390円)、「するめ天」(480円)、油揚げと厚揚げの中間くらいの厚みをした食材「田舎揚げ」を使った「焼き田舎あげ」(390円)など、「大阪では定番だけど関東の人にはなじみのない料理」(吉永さん)も提供。「タコや田舎揚げなど、店で使う食材の多くは大阪から取り寄せたものを使っている」

 ドリンクメニューは「生中エビス」(450円)、「ホッピー(白・黒)」(400円)、「角ハイ」(350円)、コーラやカルピスで割った「味つき角ハイ」(各400円)、焼酎(6種類、グラス=500円、ボトル=2,800円)など、約50種類を用意。

 「フードメニューは、ほとんど全てテークアウト可能。たこ焼きは焼き上がりまで15分前後かかるので、予約の電話を事前に入れてもらえれば、お待たせせず焼きたてを提供できる」

 営業時間は17時~翌5時。日曜定休。