食べる 暮らす・働く

新橋「とっとり・おかやま館」で「お嬢サバ」販売 3種ラインアップ

販売を開始した同商品

販売を開始した同商品

  •  

 新橋のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」(港区新橋1、TEL 03-6280-6474)が「サバの日」の3月8日、「サバパック」3種の販売を始めた。開発・製造元は石井食品(千葉県船橋市)。

同所で3月8日に行われた試食イベントの様子

 JR西日本と共同開発した同商品。鳥取県のブランドサバ「お嬢サバ」と国産中心の食材を使い、無添加調理で仕上げたという。「お嬢サバ」は地下海水を使って陸上養殖した「マサバ」。徹底した水質管理により寄生虫が付きにくく生で食べられるのが特徴で、「大切に育てられた箱入り娘」にちなみ「お嬢サバ」と名付けた。

[広告]

 今回販売を始めるのは、熊本県産のトマトと合わせた「お嬢サバのトマト煮」のほか、淡路島産の玉ネギとグレープシードオイルで煮込んだ「お嬢サバのオイル煮 瀬戸内産レモン仕立て」、赤穂の塩にバジルを利かせた「お嬢サバの塩・バジル仕立て」(以上1,058円)の3種類。

 石井食品広報担当者は「缶ではなく開けやすい容器にするなど、デザインにもこだわった。そのままで召し上がるのはもちろん、パスタやサラダ、バケットなどと合わせて楽しんでいただければ。ホームパーティーやギフトにもおすすめ」と話す。 

 ショップ営業時間は10時~21時。