3密を避けて新しい生活様式へ!

新橋駅前ビル2号館に立ち呑み店-2坪店舗で独立開業

新橋駅前ビル2号館地下の飲食店が連なるエリアに、女性ターゲットの立ち呑み店がオープン

新橋駅前ビル2号館地下の飲食店が連なるエリアに、女性ターゲットの立ち呑み店がオープン

  •  
  •  

 新橋駅前ビル2号館の地下1階に7月2日、立ち呑み店「亮々(りょんりょん)」(港区新橋2、TEL 03-3574-5581)がオープンする。

 渋谷の飲食店で働く田中浩さんは、自身の店を持つことを考えており物件を探していた。店は妻の亮子さんを中心とした「素人」が初めての店鋪運営を担当するため、客1人1人に目の届く小さな立地の店鋪を探していたところ、同ビル地下1階に入居するテナント同士が昔の長屋のような「ご近所づきあい」をしていることに引かれて入居を決めたという。

[広告]

 店鋪面積は2坪弱。調理場を囲むようにカウンターを配置した店内は、約10人が立ち呑みスタイルで入店すれば満員となる。店の運営は妻の亮子さんを中心に義母や妹など、家族経営で行う。

 ドリンクメニューは「ホッピー」(400円)、「れんと」(400円)、「レモンハイ」(300円)など12品。フードメニューは、「懐かしいお袋の味」を中心に日替わり4~5品のほか、調理場が狭いため手軽に提供できる「特製ポテトサラダ」(300円)、「唐揚げ」(300円)、「冷や奴」(150円)など9品。ターゲットは近隣で働く20代後半~30代の会社員で、2,000円の客単価を見込む。

 田中さんは「店の運営は妻を中心とした女性が行う。女性が仕事帰りに気軽に立寄れる店を目指したい」と話している。また「団塊世代が退職した後の新橋を支える若い人たちにも『はしご酒』で回る店の1つとして気軽に来店してほしい」(同)とも。

 営業時間は17時~22時。土曜・日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home