食べる

新橋に海鮮料理メーン「丸富食堂」-フーデックスグループが新業態

新橋駅日比谷口に開店した「丸富食堂」。内装は、女性客も入りやすいよう落ち着いた色合いに統一

新橋駅日比谷口に開店した「丸富食堂」。内装は、女性客も入りやすいよう落ち着いた色合いに統一

  • 0

  •  

 新橋駅日比谷口そばに海鮮料理店「丸富食堂」(港区新橋1 TEL 03-5501-1855)の1号店がオープンして1カ月が過ぎた。場所は珍味、輸入食品、高級食材の卸問屋「二色屋」跡。店舗面積は20坪で、席数はカウンター12席を含む46席。

 経営は、海鮮居酒屋「丸冨水産」やラーメン店「屯ちん」を展開するフーデックス(豊島区)。同店は、同社が打ち出す新業態。コンセプトは「日常の生活圏内でおいしい魚料理を提供する、食べるだけでもいいお店」(店長の畑山さん)。

[広告]

 フードメニューは刺し身、煮魚、焼き物、揚げ物、一品料理など、昼夜同じメニューを常時50種類以上そろえる。季節の魚介や沼津の朝捕れ鮮魚を使ったメニューは、札に手書きして店内に貼る。中心価格帯は150円~480円。人気は、刺し身各種(280円~480円)、「あら煮」(150円)、「トロサバみそ煮」(380円)、「刺し身盛り合わせ」(980円)、「肉豆腐」(ディナータイムのみ提供、320円)など。「白米とみそ汁の『ご飯セット』(300円)を一緒に頼めば、定食になる」(畑山さん)。

 ドリンクメニューは、生ビール(410円)、ホッピーセット(白・黒、504円)、「キンミヤボトル(飲みきり)」(1,250円)など約30種類。

「丸富はオーナーの実家の屋号。丸富の原点はここにある。100年続く店にしたい」と畑山さん。「ランチ時や帰宅する前に気軽に立ち寄ってもらい、日常的に魚料理を楽しんでほしい」とも。

 営業時間は11時~14時、16時~23時。日曜定休。