食べる

新橋に大阪焼き肉・ホルモン「ふたご」-実家が焼き肉店の双子が開く

大阪焼き肉の味・価格・クオリティを再現したという「大阪焼肉・ホルモン ふたご新橋店」

大阪焼き肉の味・価格・クオリティを再現したという「大阪焼肉・ホルモン ふたご新橋店」

  • 0

  •  

 新橋西口通りに5月10日、「大阪焼肉・ホルモン ふたご新橋店」(港区新橋4、TEL 03-3433-2515)がオープンした。経営は都内に同焼き肉店を展開するふたご(品川区)。

 同社は大阪出身の双子の兄弟・李純哲さんと純峯さんが経営する。李さんの実家も焼き肉店を営んでおり、李さん兄弟も有名焼き肉店で修業を積んだ。その後、2010年5月に五反田本店をオープン。翌2011年7月には中目黒店を、今年2月には中目黒店別館を順次開いた。

[広告]

 店舗面積は約15坪、席数は41席(テーブル席のみ)。「量半分、値段半分」をコンセプトに、焼き肉を特別な日の「ご褒美食」ではなく「日常食」として提案する。看板メニューは、「名物黒毛和牛のはみ出るカルビ」(1,500円)、「和牛つぼ漬けヤンニョンカルビ」(780円)、「厚切りコラーゲンテール」(680円)、「ほそ塩(腸)」「やめられないミノ(豚)」「幻のハラミ(豚)」(以上480円)など。

 ドリンクは、生ビール(小=380円、中=480円)、マッコリビール(580円)、ホッピー、サワー、焼酎(各480円)など。「素材は良い肉を仕入れることはもちろん、こだわりのタレに合う食材を厳選している。量と価格を半分に抑えているので、いろんな種類を楽しんでもらえたら」と広報担当の和田彩加さん。

 大阪出身の2人が都内へ出店したのは、本場大阪の味と価格を提供したかったことに加え、「在日韓国人や朝鮮人が創り上げた焼き肉文化を、世界を視野に入れ広めて行きたいという強い思いがある」ため。今後も「世界」を意識しながら都内で店舗展開していくという。

 グランドオープンを記念し、6月10日・11日、ボトルを除くドリンク全商品を無料で提供する。ドリンクはお代わりも自由。

 営業時間は17時~翌1時(土曜・日曜・祝日は24時まで)。