天気予報

26

23

みん経トピックス

虎ノ門でラジオの公開録音虎ノ門でキッズバレエクラス

新橋で3Dプリンターを活用したミニ四駆ボディー作り 親子向けに工作教室

新橋で3Dプリンターを活用したミニ四駆ボディー作り 親子向けに工作教室

教室で出力できるマシンのサンプル例

写真を拡大 地図を拡大

 新橋赤レンガ通りと環二通りの交差点にある「タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店」(港区新橋4、TEL 03-6809-1175)で3月19日・20日の2日間、「3Dプリンターでマイミニ四駆を作ろう 親子工作体験教室」が開催される。主催は「3Dデータを活用する会・3D-GAN」(台東区上野5)。

那須塩原市での開催風景

 同会は業種を問わず「3Dデータを活用すること」を共通項として活動する非営利の業界団体。これまでも3Dプリンターを活用した体験教室でテディベアやペットボトルキャップなどを作成。好評を得たが、3Dプリンターへの関心だけでなく、より具体的な動機と目的が必要と考え、タミヤのミニ四駆を題材とすることを思い付き、タミヤに企画を持ち込んだという。ミニ四駆のボディー作りとして、これまで静岡県、栃木県、徳島県など全国で開き、新橋の開催で8回目となる。

 同体験教室では、同会が用意する3Dプリンター、3Dモデリング環境と、ボディーとカスタムパーツのテンプレートデータを活用し、3Dモデリングの操作から3Dプリンターの出力までを行う。制作時間は約3時間を予定する。3Dプリンターで出力したボディーを実際のミニ四駆のシャーシに装着して、ミニ四駆サーキットでの走行体験も行う。

 同会の相馬達也さんは「3Dプリンターはあくまでプリンターなので、3Dプリンターで何をするかが重要。ミニ四駆には自分で作り、改造を加えオリジナルを楽しむという文化があり、3Dプリンターの活用として相性の良さを感じる。今後も同体験教室を全国各地で開催したい」と話す。

 開催日は3月19日・20日。開催時間は両日とも1日2回開催(1回目=10時15分~13時、2回目=14時~16時45分)。対象は小学生(4年生以上推奨)~中学生およびその保護者。定員は各回10組。参加費は1組3,800円(ミニ四駆、電池含む)。申し込みは「3Dデータを活用する会・3D-GAN」公式サイトで受け付け。応募締め切りは3月8日(18時まで)。現時点で定員を超える申し込みがあり、抽選を予定する。抽選結果は3月9日通知。問い合わせは「3Dデータを活用する会・3D-GAN」(TEL 03-6240-1734)まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング