見る・遊ぶ 暮らす・働く

新橋こいち祭が2年ぶり開催へ 「ゆかた美人コンテスト」募集も

前回の入賞者(2019年)

前回の入賞者(2019年)

  • 31

  •  

 「第25回新橋こいち祭」が今秋、2年ぶりに新橋で開催されることが決まった。現在、メインイベントである「ゆかた美人コンテスト」の出場者を募集している。

会場の様子(2019年)

 同祭は1996(平成8)年から新橋地区の活性化を目指してスタート。例年14万人を超える来場者が訪れる。昨年は新型コロナウイルスの影響により、初めて中止にした。

[広告]

 メインイベントとなる「ゆかた美人コンテスト」は、夏の風物詩である浴衣の魅力を伝えるため、毎年実施。審査基準は「浴衣が似合うこと」「自分なりに着こなしていること」「新橋に愛着を持つ人」とし、事前の面接審査を通過した10人が最終審査として、当日の会場であるSL広場メインステージに立つ。ステージでは浴衣に対する思いやエピソード、着こなしを披露するなどしてグランプリを決める。

 グランプリ(1人)に選ばれた人には10万円、準グランプリ(1人)には5万円の賞金を授与。インターネット人気投票1位に輝いた人には「新橋ねっと賞」を贈る。

 同祭事務局の中川きみこさんは「新橋が活気付き、元気なる祭りにしたい。新型コロナウイルスの収束がなかなか見えない中、開催の環境が整うことを祈りつつ、準備を進めている」と話す。「年齢や性別に関係なく、新橋に愛着を持っている人にぜひ応募していただきたい」とも。

 応募締め切りは6月10日(必着)。応募方法はホームページで確認できる。新型コロナウイルスなどの影響により中止の可能性あり。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース