食べる

新橋にシュラスコバル ブラジルから輸入した専用機で焼き上げ

同店で提供しているシュラスコ

同店で提供しているシュラスコ

  •  
  •  

 新橋のシュラスコバル「個室 塊肉×農園野菜 Nick&Noojoo」(港区新橋3、TEL 03-6432-4955)がオープンして1カ月がたった。運営は「Labotホールディングス」(港区)。席数は100席。

店舗内観

 飲食ビル「eatus新橋」7階に、1月4日にオープン。店内には「隠し扉」を設置した個室を設ける。ブラジルから直輸入した専用機で焼き上げたシュラスコや、農家から届く野菜を使った料理を提供する。客は12種類のソースとトッピングで自由自在にアレンジして味わえる。

[広告]

 メニューは、1日3組限定の「肉バルNプラン」(3,000円)や、薫製ローストビーフ付きの「肉バルIプラン」(4,000円)などのコースを用意する。「シュラスコ肉と焼き野菜のラクレットチーズがけ」(2,180円)や、「シュラスコ肉と焼き野菜のチーズフォンデュ」(1,980円)、「焼き野菜のバーニャカウダ」(1,280円)、「フォアグラステーキ」(2,800円)なども提供する。

 「お客さまに、当店の肉とこだわりの農園野菜を食べて健康になってもらいたい」とマネジャーの梅津真郷さん。「自由にアレンジできることが当店の魅力。野菜だけでなく、ラクレットチーズやチーズフォンデュを注文する女性も多い。お気に入りの組み合わせを見つけてほしい」とも。

 営業時間は16時~24時。

  • はてなブックマークに追加