食べる 見る・遊ぶ

新橋の香川・愛媛共同アンテナショップで「ジャック・オー・ランタン」制作

昨年の「ジャック・オー・ランタン作成体験」で作られたジャック・オー・ランタン

昨年の「ジャック・オー・ランタン作成体験」で作られたジャック・オー・ランタン

  •  
  •  

 新橋駅銀座口にある香川県と愛媛県の共同アンテナショップ「せとうち旬彩館」(港区新橋2、TEL 03-3574-2028)2階の観光交流コーナーで10月28日、愛媛県で生産された「ハロウィンかぼちゃ」を使った「ジャック・オー・ランタン作成体験」が開催される。

 ジャック・オー・ランタン作りに使うのは、愛媛県東温(とうおん)市産の「ハロウィンかぼちゃ」。「国内で生産しているところは少ない。地元生産者から『珍しいものなので、東京でも紹介してほしい』という要望を受けてイベントを企画した」(愛媛県担当の仙波さん)。サイズは20~30センチメートルのものを使う。カービング(彫刻)指導は、愛媛県から上京したカボチャ生産者の若者が担当。「イベントは昨年が初開催だったが、親子連れやお孫さんを連れたおばあちゃんなど、多くの人に集まっていただけた。参加者のほとんどが初体験だったようで、とても喜んでくれたことが印象的。10月31日のハロウィーンは、この体験会で作った手作りジャック・オー・ランタンを飾ってほしい」

[広告]

 体験会は、15時から1時間おきに計4回開催。所要時間は、1回につき40分を予定。参加は無料。定員は30人。事前申込制で、申し込み方法など詳細はホームページから確認できる。

 また、10月28日・29日には同所1階イベントスペース前で「オリーブハマチ試食販売」も開催。オリーブハマチは、「香川県特産のオリーブの葉の粉末を添加した餌を20日以上与えた養殖ハマチのこと」(香川県担当の大西さん)。「本格的に関東で販売を見込める体制が整った」こともあり、同所でのPRイベントの実施に至った。販売するのは「刺し身」と「柵(さく)」の2種類。当日は香川県のお魚大使も来場し、PR活動に参加する。「香川県はハマチ養殖発祥の地。この機会に、オリーブハマチのおいしさを知ってほしい」

 時間は13時から(品切れになり次第終了)。

  • はてなブックマークに追加