天気予報

27

22

みん経トピックス

江戸がテーマの日本料理店汐留イタリア街にホテル

「新橋赤提灯バンド」リニューアル-「飲みいこ!」キャンペーンで

  • 0
「新橋赤提灯バンド」リニューアル-「飲みいこ!」キャンペーンで

「新橋に飲みいこ!」からリニューアル版の「新橋赤提灯バンド」が発売(写真=既存版)

写真を拡大

 新橋エリアの飲食店が加盟し、集客活性化を目指すプロジェクト「新橋に飲みいこ!」の運営委員会は2月1日、同キャンペーン参加者が身に付けるラバーバンド「新橋赤提灯バンド」をリニューアルする。

 「新橋に飲みいこ!」は、新橋で働く会社員らが、新橋に点在する個人運営の居酒屋に惚れ込み2006年から始めたキャンペーン・プロジェクト。企画の発端は、多大な広告費などお金をかけずに集客することができないかと考え、飲食店の若手経営者とそれぞれのお店の常連客の立案だったという。

 同キャンペーンでは「行ったことのないお店を開拓する」をコンセプトに、参加加盟店で同キャンペーンオリジナルのカードケース(500円)や、企画賛同者が身に付ける「新橋赤提灯バンド」(500円)の制作・販売を行うほか、ポスター、ポータルサイトの制作などを通じて新橋の飲食店の活性化を目指した活動を行っている。加盟店は現在48店舗。

 「新橋赤提灯バンド」は、赤提灯が連なる新橋の街をイメージできるように、バンド表面に赤提灯マークが3個並んだデザインにした。リニューアル版では、裏面に同プロジェクトのホームページのURLが記載され、価格は1個500円。既存版は1,000個を発売している。リニューアル版の販売目標数は500個(3カ月)。年間目標加盟店数は100店舗。

 同プロジェクトを主宰している鹿取啓介さんは「新橋には魅力のある店が沢山ある。けれども個人経営店は広告資金などの販促力がない。そんなお店のPRをしたくてプロジェクトを立ち上げた。加盟店は年々増えており、ラバーバンドも人気が出てきた。知らないお客同士が、赤バンドから話が弾み酒場での友人となったという話も聞いている。今後も3カ月ごとに新しいイベントを行い、加盟店と参加者を結びつけていきたい」と話している。

 販売カ所は、同キャンペーン加盟各店舗。

新橋に飲みいこ!

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング