天気予報

15

4

みん経トピックス

新橋で岡山パクチー料理提供新橋のスタンドバー1周年

新橋の模型店でオリジナルミニ四駆作り 3Dプリンターを活用

新橋の模型店でオリジナルミニ四駆作り 3Dプリンターを活用

オリジナルミニ四駆作りを楽しむ参加者(昨年の様子)

写真を拡大 地図を拡大

 新橋赤レンガ通りと環二通りの交差点にある模型店「タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店」(港区新橋4、TEL 03-6809-1175)で3月19日・20日、「3Dプリンターでマイミニ四駆を作ろう!親子工作体験教室」が開催される。主催は「3Dデータを活用する会・3D-GAN」(台東区上野5)。

3Dプリンターで出力したミニ四駆の車体例

 同イベントは2015年5月から全国で開催されており、3Dプリンターを活用してオリジナルのミニ四駆をつくる親子向けの工作教室。

 今回は、3D データを活用した産業の普及・振興に取り組む同会と、タミヤのオフィシャルショップとして営業する同店とのコラボレーション企画として行われる。

 同会は、設計製造業界で「どう作るか」だけではなく「何を作るか」というアイデアの重要性が叫ばれていることを受け、3Dモデリングと3Dプリンターの有用性に注目しているという。さらに「日本の子どもがモノを作らなくなっている」ということを社会課題として捉えており、「自分の想像力が形となって作りだされることの喜びをより多くの子どもたちに体験してもらいたい」という。同イベントを通して、次世代のものづくりを担う人材の育成と、3Dを活用したものづくりのリテラシーの向上につなげる狙い 。

 同会の石井正明さんは「3Dモデリング、3Dプリンターでの試作、走行実験、というプロセスの繰り返しは、ものづくりの会社でごく一般的に行われていること。ミニ四駆のデザイナーや設計者も実際に行なっているかもしれない、プロ同等の体験を約3時間でしていただく教室。ミニ四駆ファンの方、3Dプリンターに興味のある方、3Dモデリングを小学生から始めようとする方に、ぜひ申し込んでいただければ」と話す。

 開催時間は両日共、10時15分~13時、14時~16時45分の1日2回。対象は小学生(4年生以上推奨)~中学生と保護者(対象年齢以下でも、パソコン操作とミニ四駆組立が保護者の協力でできる場合は参加可能)。定員は各回10組。参加費は1組5,500円(ミニ四駆、電池含む)。申し込みは「3Dデータを活用する会・3D-GAN」公式サイトで受け付ける。応募締め切りは3月6日。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング