天気予報

26

22

みん経トピックス

模型店がスペース貸し出し新橋500円ランチ本第8弾

愛宕神社で「七草お火焚き祭」 無病息災を願う

愛宕神社で「七草お火焚き祭」 無病息災を願う

お焚き上げの様子

写真を拡大 地図を拡大

 愛宕神社(港区愛宕1、TEL 03-3431-0327)で1月7日、恒例の「七草お火焚(ひた)き祭」が行われた。

 同祭は正月飾りや古いお守り、お札、だるまなどをお焚(た)き上げし、その火に当たって厄を払い、無病息災を願う行事。周辺住民に加え仕事始めのビジネスマンやOLらの姿も多く見られた。

 お焚き上げ用に組まれたお札に火が入れられると、静かに炎が燃え上がり、神職の大祓詞(おおばらいし)で辺りは厳かな空気に包まれた。儀式で使われたもろ刃の剣は、刃を神火に当てて厄災を切り払う意味があるという。

 拝殿では早乙女が七草たたきの言葉を唱(とな)えながら、すりこぎとしゃもじで調子を取って七草を刻む「七草唱え歌」の神事が行われ、神事の後に境内で七草がゆが振る舞われた。用意された七草がゆは約500食で、11時半ごろから参拝者らに配られた。素材そのものの風味を生かしたかゆとなっているが、好みに合わせ、ふりかけも用意した。

 この土地に縁があるという女性は、「参拝に通ううちに宮司からお火焚き祭のことを聞き、今回初めて参加した。厳かな雰囲気で感動した。来年もまた来たい」と話した。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ラーメン店「一風堂」などを運営する「力の源カンパニー」が7月15日、立ち飲みができるラーメン店「一風堂スタンド」を浜松町にオープンした。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング